フリーランスイラストレーター、1年目の振り返り

早いもので、フリーランスとして独立し、開業届を出してから1年が経ちました。
せっかくなので、1年間の振り返りを記しておこうと思います。
ここでは主に「フリーランスのイラストレーターとして、仕事、そして自分発信の活動をどう行ってきたか」について書いていきます。

開業前までのこと

1年を振り返る前に、改めて自己紹介を。。

イラストレーターのserico(せりこ)です。
2016年1月末まで都内のデザイン会社に勤め、主に大手食品メーカーのパッケージデザイン等を制作していました。

実は、退職してから開業届をだすまでに2ヶ月、間が空いています。
というのも、仕事とはまったく関係のない制作活動もしておきたかったからです。
運良く3月半ば開催のグループ展にお誘いいただいていたこともあり、退職直後はその展示に向けての制作に没頭していました。
在職中は会社の仕事で頭がいっぱいで、ろくに自主制作も進んでいなかったため、この展示の準備期間はいいリフレッシュ期間になりました。
ゆっくり制作に向き合えたことで、この時期に自分の描きたい方向性がちょっとはっきりしたかなとも思います。

展示の様子

また、展示に出品した原画を数点ご購入いただけたことで、意識の変化もありました。
雑貨やグッズなどの商品ではない、絵そのものを求めていただけたことは大きな自信に繋がりましたし、「そばに置きたくなるものを作りたい」「手に取った人が笑顔になるものを作りたい」という気持ちを改めて自覚できました。
後のデザインチーム「リトルコチカ」としての活動の軸にもなった出来事です。

心身ともにリフレッシュした後、2016年3月25日に開業届を提出。
ようやくフリーランスとしての道を歩み始めます。

フリーランス1年目のお仕事のこと

お仕事自体は、ゆるゆると展示や制作を楽しんでからようやく動き出しました。
コネもなければ実績らしい実績もなし。手探り状態のままスタートです。

▼学んだこと:「見て・知ってもらうことの大切さ」

1万円の商品を売るのにかけていい広告費はいくらまででしょう?

―答えは、9,999円まで。

これ、昔何かの本で読んですごく印象に残っている話です。
1円でも利益がでれば、成功。そのくらいの気概でいかなきゃね、って意味合いだったと思います。
それはイラスト仕事の営業も一緒。
早速、それまで申込をためらっていた有料のイラスト系webサービスに登録したり、年鑑に掲載してもらうことにしました。
数あるサービスや年鑑の中から、発注者目線で見やすい・探しやすい・安心感のあるサービス、という軸で判断し、申し込みました。

玄光社キャラクターファイル等に掲載して頂きました。

結果、1年目はwebサービス2箇所に登録し、年鑑は2回掲載して頂きましたが、登録料&掲載料はきちんと回収できています。
自分のwebサイトだけだったらこんなにご依頼頂けなかったと思うので、だいぶ効果はあったと思います。
見て・知ってもらわないことには何も始まらないんだな、ということを本当に実感できた1年でした。

どのご依頼も全て楽しく制作することができました♪感謝です。

▼2年目の目標:「自分から売り込みをする」

1年目はデザインチーム「リトルコチカ」の活動基盤を作りたかったこともあり、また先述したwebサービスや年鑑掲載のみでコンスタントにお仕事のお話を頂けていたため、積極的な営業活動(売り込み・公募参加など)をほとんどしませんでした。大反省。。

反省して、早速とある公募に応募したところ、ありがたいことにお仕事に繋がり、自分から動くのって本当に大切なんだなぁと実感。
というわけで、今年は「自分から売り込みをする」を目標に掲げていきたいと思います。
一緒にお仕事したい企業にもどんどん売り込んでいきたい…!積極的に動けるようがんばります!

自分発信の活動のこと

イラスト仕事と両輪で力を入れているのが、自分発信の活動です。
マーケティング用語的に言えば、BtoCの活動、でしょうか。

オリジナル絵本「しろくまのおるすばん」

「リトルコチカ」は、ディレクター兼代表のハヤシとイラストレーターsericoの2人で活動しているデザインチームです。
後述するキャラクター運営や、絵本・紙モノ雑貨を作っています。
2016年は、デザインフェスタ等の販売イベントへ計4回出展した他、Webショップの運営もはじめました。
リトルコチカオンラインショップ

▼学んだこと:「完成はない」

デザイン会社で働いていたときは、お菓子のパッケージデザインを主に制作していました。
お菓子のパッケージは、定番商品でも年に2回はリニューアルすることが多いです。
期間ごとの売上を見て、改善策を考え、新たな施策を打ち出し…というのをずっと繰り返しています。
「完成」は、ありえないお仕事です。

「リトルコチカ」の商品は企画から制作・販売まで全て自分たちで行っています。
原価計算や値段の付け方、在庫管理、webショップ運営、顧客対応、商品撮影、イベントでの商品レイアウト方法などなど…
わからないことがあれば都度調べ、全てのことに対して自分たちで決断を下していかなければなりません。
調べて、考えて、決断して、いざこれで行こう!となっても、そこで終わりではなく…
イベントや通販を通して、お客様の意見を聞いたり反応を見たりして一つ一つ改善しています。

そのようなサイクルを繰り返していくうちに、パッケージデザイン同様「完成することはない」ということに改めて気付かされました。
これでよし、完成!となることは、「リトルコチカ」の活動を続ける限りありません。
時代も人も、わずかずつですが変化し続けています。
自分たちも凝り固まらないよう、時代や人に寄り添って活動を続けていけたらいいなぁと思いました。

▼2年目の目標:「イベント出展を増やす」

今年は更にイベント出展回数を増やしたいです。
イベントに出展するたびに、商品構成やレイアウトの仕方など反省点がもりもりでてきます…。
その反省を活かすためにも、継続的な出展をしていきたいです。

それになにより、直接作品を手に取っていただけるイベントはやっぱり楽しいし、毎回とても元気をもらえます(*^^*)(体力的にはくたくたになるんですが。。笑)
今後も良いものを作り、よりたくさんの方にお届けできるよう精進していきたいです!

オリジナルキャラクター「つだぬー」運営のこと

「リトルコチカ」では、独立前の2015年から、オリジナルキャラクター「つだぬー -小さなヌーの子-」を運営しています。
キャラクターデザインからSNS運用、4コマ漫画更新、グッズの企画制作〜販売まで、全て自分たちで運営しています。

つだぬー公式サイト

デザインフェスタにも出展

▼学んだこと:「コミュニケーションのためのイラスト」

コミュニケーションとしてのイラスト、キャラクターのあり方を日々学んでいる最中です。

「つだぬー」は、Twitterやニコニコ静画などに不定期で4コマ漫画とイラストをアップしているのですが、それを見てくださるつだぬーファンの方々は「つだぬー」に対して声をかけてくださるんです。
これはsericoとして描く普段のイラストではなかなかないことで、「絵を描いた私自身」へのコメントをいただくのが普通です。
けれどキャラクターとなると皆さん、「つだぬーちゃん、●●だねぇ」など、つだぬーの存在を認めて話しかけてくれます。
こうなると、イラストレーターは完全に裏方として徹することができます。

つだぬーのイラスト

こういう状況を作り上げるには、もちろん日々の運用も大事なんですが、「イラストのタッチ」もキャラクターを作る上でかなり重要な要素なのでは…と考えています。

つだぬーは、シンプルな線とベタ塗りで描いています。ともすればどこにでもある、汎用的なタッチです。
ですが、それがかえってイラストを見るときに余計な情報を与えることなく、「つだぬーというキャラクターそのもの」だけに集中できる状況を作れているのではないか、と考えています。

イラストレーターとしてはあまり絵柄の幅を持ちすぎないようにしているのですが、時と場合によっては柔軟に対応していけたらいいなと思いました。

▼2年目の目標:「更新ペースをあげる・つだぬーの世界を広げる」

イラストの仕事が増えるにつれ、つだぬーの4コマ漫画やイラスト更新の間が空いてしまいました…反省です。
久しぶりに投稿したりすると、「待ってたよー」などのコメントを頂くので、本当申し訳ないなと。。(;_;)
予め時間を確保したり、時間のあるときに描きためるなど工夫して更新ペースを保ちたいです。

だいぶ世界観もかたまってきたので、コラボのお仕事などにも繋げていきたいところです。
ライセンシー大募集中です!笑

おわりに

フリーランスとして走り始めてからは、「フリーランス 一年目」と検索してヒットするブログ記事を片っ端から読んでいました。
イラストレーターにかぎらず、プログラマーやコンサルタント、あらゆる職業のフリーランサーのブログを読み続け、そのたびに不安になったり楽観的になったり…。
けれどどのブログも、共通していたのは「大変だけど楽しいよ、フリーを選んだなら一緒にがんばろう!」というメッセージだったように思います。

もしこのブログを読んでくださってる方の中で、これからフリーランスになろうかな…と悩んでいる方がいたら、私も同じことを伝えたいです。
会社に残り続けることも、同じくらい大変で楽しいです。どちらが正解とかはありません。
だからこそ、自分で選んだ道で精一杯がんばるのが一番いいんじゃないかなと思っています。

とにかくあらゆることが手探り状態だった一年目、たくさんの方に支えていただいたおかげでなんとか乗り切ることができました。
関わってくださった皆さま、本当にありがとうございます。
これからも良い作品をご提供できるよう、少しでも長く活動していけるよう、ますます精進していきたいです。
今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします(*^^*)

 

イラストレーターserico[せりこ]

▽お仕事のご依頼は下記Webサイトよりお気軽にご連絡ください
sericco.jp

▽よろしければフォロー&いいねをお願いします♪
Twitter@sericco instagram@serico_lk Facebookページ